コンシデンシャルファールの意味と使い方|アームレスリング基本用語



アームレスリングの「コンシデンシャルファール」について解説します。



コンシデンシャルファールの意味

読み方:こんしでんしゃるふぁーる
英語:coincidental faul
区分:ルール用語

コンシデンシャルファールとは、相手がファールになるように動作することに対して課されるファールです。

コンシデンシャルファールの使い方

コンシデンシャルファールは、主に両者の力が拮抗し、動きが止まった時に行われます。
具体的には、握り手を通じて相手の腕を押し、相手の肘を意図的にエルボーパッドから押し出すことで、相手のエルボーファールを狙う動作です。

この場合、相手のエルボーアウトにはならず、腕を意図的に押し出したほうの選手のコンシデンシャルファールとなります。

レフリーは、コンシデンシャルファールが発生したことを確認したら「ストップ」で試合を止め、ファールを課す選手に対して「コンシデンシャルファール」と告げます。

なお、握り手を引くことで相手の肘が前や横に出てしまう場合はコンシデンシャルファールにはならず、肘が出た選手のエルボーファールになります。

ルール・用語集に戻る



スポンサーリンク


スポンサーリンク