Search

【ケーブルアタッチメント一覧】筋トレの種目のバリエーションを豊富にするハンドル

 

ケーブルマシンのアタッチメント(ハンドル)には数多くの種類があり、どれがどの筋肉部位に効果的なのか、わかりづらいかと思いますので、主なケーブルアタッチメントの種類とトレーニング種目別の使い方を解説します。


ストレートバーアタッチメント

 
 

IROTECラットプルダウンバー

上から引くタイプのケーブルマシンの標準アタッチメントが、こちらのようなストレートバー(またはラットバー)と呼ばれるものです。

広背筋側部に効果の高いノーマルラットプルダウンや、上腕三頭筋短頭に効果的なノーマルプレスダウンに使われます。

また、ケーブルローイングの刺激を変えたい時や、ケーブルカールにもストレートバーアタッチメントは使われますが、取り回しの関係で主にショートタイプのものが使用されます。

ワイドパラレルアタッチメント

 
 

IROTECワイドパラレルグリップバー

ワイドパラレルアタッチメントは、ラットプルダウンやケーブルローイングの刺激を変えたい時に使うと有効なアタッチメントです。

ナローパラレルアタッチメント

 
 

IROTECロウプーリーハンドル

ナローパラレルアタッチメントは、ケーブルローイングの標準となるケーブルアタッチメントです。

また、ラットマシンに取り付けて、ナローパラレルグリップで行うラットプルダウンは、広背筋中央部と僧帽筋に効果的です。

Vバーアタッチメント

 
 

IROTECプルダウンハンドル

トライセプスプレスダウン専用とも言えるのがVバーアタッチメントで、縦に手をグリップする=脇が閉まることから、上腕三頭筋長頭を集中的に鍛えることが可能です。

 
 

IROTECシングルハンドル

シングルハンドアタッチメントは、二台のケーブルマシンを使うケーブルフライの標準となるアタッチメントです。

このほかにも、ケーブルカールやプレスダウンを片手で行い可動範囲を広げるワンハンド系種目でも使われます。

ショートロープアタッチメント

 
 

IROTECトライセップロープ

ロープアタッチメントには、こちらのようなショートタイプとロープが長めのロングタイプがあります。

ショートタイプのロープアタッチメントは、ケーブルカールやケーブルローイングなどあまり手幅を広げる必要がない種目に使われます。

ロングロープアタッチメント

 
 

IROTECトライセップロープ2

一方、ロングタイプのロープアタッチメントは、手を広げて回旋運動も行うロープトライセプスプレスダウンなど、大きな動作のトレーニングに使用されます。

シングルロープアタッチメント

 
 

IROTECシングルロープアタッチメント

シングルロープアタッチメントは、片手で行うケーブルカールやトライセプスプレスダウンに使用され、通常よりも広い可動範囲と回旋運動で筋肉を最大収縮させるのに適しています。

最新の特殊アタッチメント

ここからは、当代理店が取り扱いをしている前腕トレーニング用の特殊アタッチメントをご紹介します。いずれもIFA国際アームレスリング連盟公認の世界的に有名な前腕用アタッチメントです。

ウルトラグリップ

ウルトラグリップは中心と重心がずれている偏心ローラーで、アームレスリング元世界チャンピオンのイゴール・マジョレンコ氏によって開発されました。

重心が偏っているため、手の平のなかでローラーが転がらず、確実に指先からストローク力を鍛えられるアタッチメントです。

ウルトラグリップを見る

ストラップローラー



ストラップローラーは、ローラーがフレキシブルなストラップ生地に接合されていますので、工夫次第でさまざまな使い方ができます。ただストロークするだけでなく、捻りながらストロークすることが可能で、さまざまな競技の前腕トレーニングに有効です。

また、手の甲がストラップで押さえられるため、ローラーを握りしめる必要がなく、手の平や指の腹の任意の箇所に集中したリスクトレーニングが実現できます。


ストラップローラーを見る

プライベートハンドル


プライベートハンドルは最近になり人気が上昇している強化プラスチック製のケーブルアタッチメントで、ジムに持ち込んで使用する個人用ハンドルです。

プライベートハンドルを見る

イーグルストラップ


イーグルストラップは指先一本ずつをループに通し、さまざまなケーブルトレーニング種目を行うことで総合的な握力=「掴む力」を鍛えられるアタッチメントです。

イーグルストラップを見る

ジムになければマイアタッチメントを

全てのケーブルアタッチメントが揃っているトレーニングジムは意外と少ないものです。

どうしてもやりたい種目がある場合は、ジムに許可をとってマイアタッチメントを用意するのもおすすめです。

なお、こちらは筆者のバックボーン競技であるアームレスリングの前腕強化のために、鉄工所勤務の友人に頼んで作成したオリジナル自作ケーブルアタッチメントです。

通常のシングルハンドアタッチメントよりも、グリップ部分が数倍太くなっています。

自身の競技にあわせて、ケーブルアタッチメントを自作するのも一つの手段です。

ケーブルマシンのワイヤー交換

20170718193746867.jpg

ケーブルマシンのワイヤー交換の方法、おすすめの交換部品については下記の記事をご参照ください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク









筋トレ情報コーナーはこちら