腕相撲(アームレスリング)の実践筋トレにケーブルマシンまたはチューブが必須な理由



世の中には数多くの「腕相撲強化グッズ」がありますが、実践的な筋力トレーニングにならないものも少なくありません。

それは、腕相撲(アームレスリング)のテクニックは単純な直線運動ではなく、複雑な三次元曲線を描くからです。



腕相撲(アームレスリング)の二大テクニック



アームレスリングには主に2つの技があり、それは一般的な腕相撲にも応用することができます。その技とはトップロール(吊り手)とフック(噛み手)で、それぞれの概要は以下の通りです。

また、典型的な動画も掲載しますので、あわせてご参照ください。

トップロール(吊り手)



トップロール(吊り手)は、肘を支点としてテコの原理で相手の指先を斜め上後方に吊り上げ、さらに回内回旋(手の甲が上を向く方向に捻る)を加えて、相手の指先から肘を伸ばして倒す技です。ちょうど、くぎ抜きのイメージです。

フック(噛み手)



フック(噛み手)は、回外回旋(手の平が上を向く方向に捻る)を加えながら小指の付け根で相手の手首を押さえ込み、斜め下後方に引き倒す技です。ちょうど、雑巾を絞るイメージです。

※アームレスリングの技は多彩で、このほかにも、後方に捻り上げながら上をとるハイフック(上噛み)や、サイドプレッシャーを使って一気に真横に倒すサイドアタック(横倒し)などがあります。

▼詳細記事

【腕相撲の三つの技】アームレスリングのトップロールとフックとサイドアタック


トップロール(吊り手)の三次元軌道



横からトップロールの軌道を見たのが、こちらの図です。

①斜め上に吊り上げ

②斜め後ろに引き下げ

③斜め横に引き倒す

という手順で、三次元軌道で相手を倒します。

さらに詳しくは、下記の記事をご参照ください。

腕相撲の吊り手|アームレスリングのトップロールのやり方と軌道

フック(噛み手)の三次元軌道



横からフックの軌道を見たのが、こちらの図です。

①横方向に回旋し

②斜め後ろに引き下げ

③斜め横に捻り倒す

という手順で、三次元軌道で相手を倒します。

さらに詳しくは、下記の記事をご参照ください。

腕相撲の噛み手|アームレスリングのフックのやり方と軌道

フレキシブルな軌道でのトレーニングが必須

フックの三次元軌道を再現しながら腕を鍛えるのに最適なのが、ケーブルマシン+専用アタッチメントを使用したトレーニングです。

①一般的なトレーニングマシンは軌道が固定されているのに対し、ケーブルマシンは軌道がフレキシブルであること。

②フリーウエイトでは再現できない「上や前から引く動作」が可能であること。

この二点がケーブルマシンがアームレスリングのトレーニングに必須である理由です。

※自宅トレーニングの場合、トレーニングチューブで代用が可能です。

三次元軌道を再現するための器具とアタッチメント

基本となるストローク動作



トップロールにもフックにも共通の基本となるトレーニングがリストを鍛えるストロール動作ですが、その最新のアタッチメントがウルトラグリップです。



こちらがウルトラグリップで、ケーブルマシンに取り付けるハンドル部分と手で握るローラー部分から構成されています。



ウルトラグリップ2020の最大の特徴は、従来のハンドローラーのように「支点が中心にない」ことです。

従来のハンドローラーだと支点が中心にあるため、「手の中でローラーが転がる」状態であり、指の付け根付近にしか負荷がかかりません。



しかしながら、ウルトラグリップ2020の場合は、支点が中心にないため、力点が指先になり、リスト力に重要な指先から巻き込む力を効率的に鍛えることが可能になっています。

ウルトラグリップ


ウルトラグリップ

回旋をともなったストローク動作



ストラップローラーは、ローラーがフレキシブルなストラップ生地に接合されていますので、工夫次第でさまざまな使い方ができます。ただストロークするだけでなく、噛み手方向に捻りながらストロークしたり、吊り手方向に外回ししながらストロークしたりも可能です。

ストラップローラー


ストラップローラー

トップロールの場合





トップロールの三次元軌道を再現しながら腕を鍛えるのに最適なのが、こちらのようなケーブルマシン+専用アタッチメントを使用したトレーニングです。

①一般的なトレーニングマシンは軌道が固定されているのに対し、ケーブルマシンは軌道がフレキシブルであること。

②フリーウエイトでは再現できない「上や前から引く動作」が可能であること。

この二点がケーブルマシンがアームレスリングのトレーニングに必須である理由です。

なお、使用されているアタッチメントは、IFA国際アームレスリング連盟会長で、元世界チャンピオンのイゴール・マジョレンコ氏がトップロール専用に考案した「トップロールハンドル」です。

トップロールハンドル


トップロールハンドル

フックの場合



フックの三次元軌道を再現しながら腕を鍛えるのに最適なのが、こちらのようなケーブルマシン+専用アタッチメントを使用したトレーニングです。

①一般的なトレーニングマシンは軌道が固定されているのに対し、ケーブルマシンは軌道がフレキシブルであること。

②フリーウエイトでは再現できない「上や前から引く動作」が可能であること。

この二点がケーブルマシンがアームレスリングのトレーニングに必須である理由です。

なお、使用されているアタッチメントは、海外では「デボンララット・ハンドル」と呼ばれ、フックの名人として名高い世界チャンピオン、デボン・ララット選手の監修で製作されています。

フックハンドル


フックハンドル

各種アタッチメントの自宅使用場合

また、自宅でアームレスリングトレーニングを行う場合、ケーブルマシンのかわりにトレーニングチューブを使用することで実戦的な軌道が再現可能です。


トレーニングチューブセット(合計負荷40~50kg)

スポンサーリンク


スポンサーリンク