ウエイトインの意味と使い方|アームレスリング基本用語



アームレスリングの「ウエイトイン」について解説します。



ウエイトインの意味

読み方:うえいといん
英語:weght in
区分:大会運営用語
ウエイトインとは、試合に先立って行われる検量と選手登録のことです。

ウエイトインの使い方

ウエイトインは、国内大会の場合は事前に出場申込書を開催主催者に郵送しておき、大会前日または当日の検量受付で体重を測定し、出場階級の体重内にあることを確認したのち本登録となります。

IFAの国際大会の場合は、事前にインターネット登録を行い、試合前日の検量受付で体重測定、パスポートチェックを行った後に本登録となります。

ウエイトインは、国内大会の場合は選手が個人で行いますが、IFAの国際大会の場合は国単位で代表団体(日本はJAWA)がまとめて行います。

ルール・用語集に戻る



スポンサーリンク


スポンサーリンク