アームレスリング専用のケーブルマシンアタッチメント紹介



アームレスリング専用のケーブルマシン用アタッチメントについて解説します。

当代理店では、元世界チャンピオンのイゴール・マジョレンコ氏が考案・開発した最新のトレーニングアタッチメント4種類を扱っています。

アームレスリングの二つの技

トップロールとフックとがある



腕相撲やアームレスリングには、てこの原理で相手の指先を吊り上げて倒すトップロールと、自分が有利な位置に手首を巻き込んで倒すフックとがあります。

この二つの技で引き方が異なってきますので、まずはその技の特性を知ることが重要です。

トップロールとフックの技の特長については、下記の記事で具体的に動画をまじえて解説していますので、そちらをご参照ください。

※トップロールとフックの両方の特性を併せ持つサイドアタックという技もあります。

▼関連記事

【腕相撲の三つの技】アームレスリングのトップロールとフックとサイドアタック

アームレスリングに必要な前腕の筋力



トップロールに必要な前腕の筋力

トップロールに必要な手首の強さは、相手を吊り上げるためのヘッドの力=外転(橈屈)力およびロールして相手の手首を返す力=回内回旋力です。

フックに必要な手首な前腕の筋力

フックに必要な手首の強さは、手首を巻き込むストロークの力=屈曲(掌屈)力および相手の手首を押さえ込むための回外回旋力です。

▼関連記事

【腕相撲に必要な手首の強さ】アームレスリングの技ごとに使い方や鍛え方は異なる

ストローク力を鍛えるウルトラグリップ



アームレスリングの基本的な筋力=ストローク力を鍛えるための最新のケーブルマシンアタッチメントがウルトラグリップで、これは元世界チャンピオン、現国際アームレスリング会長のイゴール・マジョレンコ氏が考案・開発したものです。

ウルトラグリップ2020は2つのパーツから構成されています。一つは本体部分である「ハンドル」、そしてもう一つがグリップ部分である「ローラー」です。



こちらが、ハンドルです。



こちらがローラーです。



そして、このようにハンドルにローラーをセットし、ケーブルマシンに取り付けて使用します。



ウルトラグリップ2020の最大の特徴は、従来のハンドローラーのように「支点が中心にない」ことです。

従来のハンドローラーだと支点が中心にあるため、「手の中でローラーが転がる」状態であり、指の付け根付近にしか負荷がかかりません。



しかしながら、ウルトラグリップ2020の場合は、支点が中心にないため、力点が指先になり、リスト力に重要な指先から巻き込む力を効率的に鍛えることが可能になっています。

ウルトラグリップ2020の使い方

HANDLE ECCENTRIC "ULTRA GRIP" を実際に使用したトレーニングが冒頭の動画で、本ローラーを専用のハンドシャフトに差し込み、ケーブルマシンに取り付けて使用します。

従来のハンドローラー類と違い、力点が指先にかかるため、リスト力に重要な指先の力が効率的に鍛えられます。

なお、動画は台に肘をついて行っていますが、台などがなくても、肘を身体にしっかりと引きつけ固定して行うことで、十分な効果が得られます。



こちらの動画は、JAWA所属選手が実際にウルトラグリップ2020を使用している様子です。あわせて、ご参照ください。

▼入手方法

ウルトラグリップ

メルカリで購入

メルカリでご購入の場合はこちら

ラクマで購入

ラクマでご購入の場合はこちら

回旋力を鍛えるストラップローラー



ストラップローラーは、ローラーがフレキシブルなストラップ生地に接合されていますので、工夫次第でさまざまな使い方ができます。

特にトップロールに必要な回内回旋力や、フックに必要な回外回旋力を鍛えるのに有効なケーブルアタッチメントと言えるでしょう。

具体的には、ただストロークするだけでなく、噛み手方向に捻りながらストロークしたり、吊り手方向に外回ししながらストロークしたりして使用します。



こちらは、JAWA所属選手が実際にストラップローラーを試用した動画です。あわせて、ご参照ください。

▼入手方法

ストラップローラー

メルカリで購入

メルカリでご購入の場合はこちら

ラクマで購入

ラクマでご購入の場合はこちら

トップロール専用のアタッチメント



トップロールハンドルはアームレスリングの吊り手に重要な「ヘッドの筋力」および「親指の壁の力」を鍛えるためにデザインされたケーブルアタッチメントで、これらの重要部位に集中的な負荷が加わるように卵形にデザインされています。



JAWA所属のアームレスリング選手による使用方法の解説動画がこちらです。あわせて、ご参照ください。

トップロールハンドルは、人差し指付け根付近に集中的な負荷を加えることが可能です。

▼入手方法

トップロールハンドル

メルカリで購入

メルカリでご購入の場合はこちら

ラクマで購入

ラクマでご購入の場合はこちら

フック専用のアタッチメント



フックハンドルは海外では「デボンララット・ハンドル」と呼ばれており、アームレスリングの神様と言われる世界チャンピオン、デボン・ララット選手の考案で開発されたケーブルアタッチメントです。



こちらは、JAWA所属選手によるフックハンドルを使った実際のトレーニング動画です。

通常の握り方で小指側を集中的に鍛えられるほか、上下逆にグリップすることで高い位置でのフック強化=トップロール対策にもなります。

▼入手方法

フックハンドル

メルカリで購入

メルカリでご購入の場合はこちら

ラクマで購入

ラクマでご購入の場合はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク