Search

IFA世界(国際)アームレスリング連盟暫定理事会報告(2019年8月)



8月6日、国際アームレスリング連盟(IFA)の暫定理事会が開催され、IFA 2019世界アームレスリング選手権の準備に関連する作業上の質問に加えて、次の議題が検討されました。 

1.新しいIFAメンバー(各国の連盟および個人)の申請の承認。 

2.IFA世界選手権の契約の作成、特にIFA2020選手権の大会の開催。 

3. IFAとアームレスリングコミュニティとのコミュニケーション、特に連盟のWebリソースの開発戦略を改善します。

議題の最初のポイントで、4つの候補国の申請が承認されました。 

カンボジア–カンボジアアームレスリング連盟 

コスタリカ– Asociacion Deportiva Nasu 

日本–JAWA日本アームレスリン連盟 

ポルトガル–ポルトガルアームレスリング協会

他の14か国からの申請が進行中であり、各国の組織が必要な書類を送付手続き中です。 

IFAのAndersAxklo会長は、申請プロセスはIFAが各国のアームレスリング活動への候補組織の参加を確実にする機会を持つように編成されているため、実行委員会は申請国団体に詳細な申請をお願いすることを指摘しました。

2番目の議題で、IFA書記のKirill Yakovlevは、すでにいくつかの国が2020年にIFA世界選手権を主催する意向を表明していると報告しました。したがって、委員会はできるだけ早く、 IFA2020世界アームレスリング選手権を開催する国の正しく民主的な選択をしなければなりません。

3番目の議題に関し、各国アームレスリング組織とのコミュニケーションを改善するために、さまざまなコミュニケーションチャネルで発生するIFAの発足に関連するすべての質問に答えることを目的として、一連のライブ放送とインタビューを行うことが決定されました。

また、すべてのニュースは公式IFAWebサイトwww.armsportfederation.comで公開されます。

元ページ|http://armsportfederation.com/ifa-provisional-board-meeting-report/


スポンサーリンク



スポンサーリンク









筋トレ情報コーナーはこちら